龍野店コラム

エコ住宅

2020.01.24

エコを楽しむ注文住宅でマイホームを!

みなさんはエコな注文住宅とはどのような家のことを言うと思いますか?そもそもエコという言葉自体が漠然としすぎてわかりませんよね。ここで言うエコな注文住宅とは、環境に優しいだけではなく住む人にとっても優しい注文住宅のこと。
注文住宅がエコになることによって起こるメリットは一体どのようなものなのか、それに加えてそもそもどのような注文住宅を指すのかを解説していきます。

 

 

性能の良いエコ注文住宅


エコ注文住宅

エコという言葉がそもそも広義であるために、エコかエコじゃないのかという区別をつけにくいと思います。そこで、日本で定められたある基準値を満たす注文住宅のことをZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と呼ぶことで、その注文住宅がエコであるか否かを見定められるようになったのがここ数年のこと。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、エコな注文住宅の代名詞にもなり、広告などでよく見かけます。その内容としては、隙間を少なくする気密性と、熱を遮断し快適な室温を保つ断熱性が高いこと、そして省エネと創エネの注文住宅であることが必須です。

 

 

創エネ+省エネ


省エネはご存知の通り、エネルギーを節約すること。一方、新しく生まれた創エネは、エネルギーを家庭内で創りまかなうことです。
注文住宅にとっての省エネは、設備だけではなく、高い気密性によって成り立っています。隙間を可能な限りなくした注文住宅は、外気温の変化に影響されないだけでなく、室内の快適な温度も隙間から逃がさないため電気代の節約にもなります。
創エネは、最近では当たり前になった太陽光発電で電力を作り出し、注文住宅へと還元します。注文住宅でエネルギーをつくることは、イコール省エネにもつながるので理にかなっているとも言えますね。

 

 

注文住宅の寿命を延ばす


日本の家の寿命は、世界的に見てとても短いことをご存知でしょうか。その原因は湿気にあります。
家にとって湿気は天敵。多くの注文住宅が木造建築であり、湿気を家の中に溜め込むと建材が腐ってしまうのです。そこでエコ住宅に必須の気密性が大活躍!
気密性は隙間から流れ込んでくる湿気を遮断します。そのおかげで、通常の木造住宅よりも高気密性能のある注文住宅の方が腐りにくくなるのです。湿気から注文住宅を守ることは、ダニの繁殖やカビへの予防にもなり、アレルギー対策としても大切です。注文住宅そのものだけでなく、心身の健康も配慮するためには性能も家づくりで重要な役割なんですね。

関連記事

こちらの記事も人気です