龍野店コラム

中庭間取りたつの

2019.11.15

[36坪/間取り]中庭を自由に楽しむ暮らし方

注文住宅を建てる前に参考にしておきたい間取り図を大公開シリーズ。今回は36坪の中庭のある注文住宅の間取りです。
家を建てる前に他の注文住宅の間取り図を見ることで、より具体的に自分の建てたいマイホームを描くことができると同時に、動線などの勉強にもなります。ぜひ見ていってくださいね。
今回は36坪という少し小さめの土地でありながら中庭を作ることで開放感のある注文住宅になりました。二階のバルコニーからも中庭が見下ろせるこの間取りでは、子どもたちが中庭で遊ぶ姿も見守ることができるので安心して家事をすることができます。

中庭間取りたつの中庭間取りたつの

 

玄関ポーチも家の内


インテリア家具

玄関先のポーチは少し広めに確保しました。そうすることで自転車やベビーカーを置いたり、傘立てを設置したりと土間収納としても機能します。他にも観葉植物やベンチなどで彩るのも良いですね。

 

 

オープンキッチンで家族を見守る


キッチンはオープン式がベスト。リビングはもちろん中庭も見渡せるので、どこにいても家族を感じられるサポート間取りにもなります。

 

 

ふれあい中庭


家事楽間取り龍野

上から光が差し込む明るい中庭にはウッドデッキを作ることで、窓を開ければリビングの延長線上の空間としても使えます。家族だけでなく友達と一緒にのびのびと遊んだり、お茶会をしたりと自由に楽しむことができます。
中庭をつくることで、採光はバッチリ。家全体を明るく照らしてくれます。子どもたちが遊ぶ姿が家のどこにいても見えるので安心!インナーバルコニーからも中庭を覗くことができるので、家事の時間でも見守ることのできる設計になっています。

 

 

つながる収納


中庭とつながっている収納スペースには、子どもの遊び道具や趣味のガーデニングツールをしっかり収納できます。リビングにある収納は大きめなので、キッチンパントリー兼おもちゃの片付ける場所としても使用可能。近くに収納スペースがあるのでこどもの片付け習慣にもつながります。

 

 

スムーズな水回り


忙しいママが、家事に対するストレスをフリーにするために、水回りはぎゅぎゅっと集めましょう。効率のよい家事動線にすることで、食事の準備や洗濯を同時にこなすことができます。

 

 

インナーバルコニー


三階建て住宅のメリット龍野

中庭を見下ろせる劇場に2階席のようなインナーバルコニー。中庭とともに上下で楽しみが広がります。屋根付きなので雨が降っても安心ですね。

関連記事

こちらの記事も人気です