龍野店コラム

床材龍野

2019.12.09

注文住宅のテイストを左右する床素材いろいろ!

注文住宅を建てる時に、内装で大きな部分を占める床材を何にするかお悩みの方も多いのではないでしょうか。床と聞いて一番に思い浮かべるのはフローリングですが、床材は他にも種類が存在します。
素材や色は様々な床材。注文住宅を建てるなら、実際に床材を見ることも大事ですが種類を知っておくことも大切です。注文住宅全体の雰囲気を左右する床材は、慎重に決めていきたいですね。

 

 

・床材の様々な種類


フローリング龍野

理想とする家具のテイストや肌触りなど、床材はその注文住宅によってぴったりはまるものがあります。フローリングだけでなく様々な種類があることをあらかじめ知っておくことで、インテリアスタイルの幅が広がります。

 

 

フローリング


一番スタンダードなフローリングは、木材を加工した、あるいは天然の木をそのまま切り出すことで作る床材です。薄い木の板を何枚か重ね合わせた合板材を使った複合フローリングと、天然の木材を使った無垢材フローリング、印刷したものを張り付けるものがあります。
フローリングは木目をメインに扱っており、日本の注文住宅で主流の床材です。フローリングとひとくちに言っても、使用する木材の種類によって多種多様。濃いめのウォールナットから白に近いメープルやホワイトオーク、赤みがかったチェリーなど、大きく色によってわけられます。木も生き物であり、同じものは作れないのでひとつひとつ表情が違うのが面白いところですね。

 

 

タイル


タイル龍野

注文住宅の玄関でよく使われているタイルは、傷がつきにくくそのまま水を流すことができるので、掃除のしやすさから人気の高い床材のひとつです。タイルはそもそもが陶磁器製なので、その扱いやすさから中庭や玄関といった外に近いところに使われることが多いのですが、もちろん室内に使うことも可能です。
断熱性が低く、冬になるとヒヤリと冷たくなってしまうタイルも、床暖房を導入することで気になりません。一般的に使用されるフローリングを使用した注文住宅とはまた別の印象を与えてくれるタイルは、海外風の注文住宅にしたい場合にも良いですね。

 

 

コルク


最近では、すでにある床材の上から敷くマットとしても人気のコルク。その人気の秘密は断熱性と衝撃吸収力です。もともと緩衝材として使われていたことからもわかるように、コルクはクッションのように弾力性の高い素材。注文住宅では子ども部屋に使えば、転倒しても衝撃を緩和し怪我の防止にもなります。さらに、音も同時に吸収してくれるので防音性も高く、素足でも歩ける断熱性能からも愛されている注文住宅の床材です。

 

 


日本古来から注文住宅で親しまれている和室。畳の香りは他にないもので、慣れている日本人は不思議と落ち着きますよね。注文住宅の床材としてはあまりピンとこない方も多いかもしれませんが、畳も床材として数えられます。
独特の柔らかさから、衝撃吸収力の高さが伺えますね。最近では、縁がない真四角の形をした琉球畳が注文住宅で注目を集めています。和でありながら、洋風の室内にあっても違和感のない琉球畳は、「和室まではいらないけど畳は欲しいな」といったときにおすすめです。

 

 

カーペット


カーペットの魅力は、さまざまな素材、サイズ、カラーのバリエーションがそろっており、自分の好みに応じたものを選べることです。滑りにくいのもメリットですね。
一方、カーペットは繊維質なので、ダニが付着・繁殖しやすいというデメリットもあり、カーペットからフローリングへの注文住宅のリフォームを希望する動機のひとつとなっています。

 

 

クッションフロア


クッションフロアとは、塩化ビニールを用いたロールシート状の床材です。
表面には木目や大理石、タイルといった床材を模した柄がプリントされているため、一見するとほかの素材のように見えるのが特徴。素材は柔らかく、汚れや水も簡単に拭き取れ、ほかの床材に比べて安価で注文住宅に導入できることができます。

関連記事

こちらの記事も人気です